人気ブログランキング | 話題のタグを見る

【前編】パークハイアットニセコのパークスイート with 1ベッドキング



エレベーターで6階に上がります。12時前には、お部屋に案内していただけました。
【前編】パークハイアットニセコのパークスイート with 1ベッドキング_e0401509_10150582.jpg



内部のフォーカルポイントはデザインが違います。こちらはカービングされたペーパークラフト。
【前編】パークハイアットニセコのパークスイート with 1ベッドキング_e0401509_10150538.jpg



ホテル棟は6層、最上階みたいです♪
【前編】パークハイアットニセコのパークスイート with 1ベッドキング_e0401509_10150439.jpg



客室フロアのエレベーターホール。
【前編】パークハイアットニセコのパークスイート with 1ベッドキング_e0401509_10150493.jpg



窓から光が差し込む、明るく爽やかな空間。
【前編】パークハイアットニセコのパークスイート with 1ベッドキング_e0401509_10150446.jpg



廊下もアッシュグレーの木板に、ベージュの壁やカーペットとシンプル。
【前編】パークハイアットニセコのパークスイート with 1ベッドキング_e0401509_10150411.jpg



装飾は木柱と梁のみ、潔い(笑)
【前編】パークハイアットニセコのパークスイート with 1ベッドキング_e0401509_10150431.jpg



アップグレード特典待ちの間、最初に用意されたお部屋は『パークスイート with 1ベッドルーム』。
前回説明した、グリーンシーズンオファーで約63000円でした。
【前編】パークハイアットニセコのパークスイート with 1ベッドキング_e0401509_10191540.jpg



扉を開けると、木棚の上にスリッパが…? 靴棚がどうか不明ですが、立派な多段シェルフも。
【前編】パークハイアットニセコのパークスイート with 1ベッドキング_e0401509_10191524.jpg



まず片側に、リビング用のバスルーム。普通サイズの洗面台に、
【前編】パークハイアットニセコのパークスイート with 1ベッドキング_e0401509_10211231.jpg




シャワーブース。
【前編】パークハイアットニセコのパークスイート with 1ベッドキング_e0401509_10191679.jpg



トイレがありました。
【前編】パークハイアットニセコのパークスイート with 1ベッドキング_e0401509_10191561.jpg



リビングへ続く廊下には、ワイドなミニバー。
【前編】パークハイアットニセコのパークスイート with 1ベッドキング_e0401509_10191563.jpg


【前編】パークハイアットニセコのパークスイート with 1ベッドキング_e0401509_10293259.jpg


いや、ミニじゃないな…普通のバー(笑)
大理石のカウンター、間接照明の効いた棚がラグジュアリーで華やか。
【前編】パークハイアットニセコのパークスイート with 1ベッドキング_e0401509_10233793.jpg



ローズウッドばりに、拘りのウイスキーやスピリッツのボトルが並びます。
【前編】パークハイアットニセコのパークスイート with 1ベッドキング_e0401509_10233779.jpg



エビアンとペリエの大瓶は全てフリー!
【前編】パークハイアットニセコのパークスイート with 1ベッドキング_e0401509_10233742.jpg



ネスプレッソマシンは廉価版。ホテルグレードにしては…?? ですが、コーヒーの味は変わらないですよね。
【前編】パークハイアットニセコのパークスイート with 1ベッドキング_e0401509_10233644.jpg



紅茶は、専用のボックスに入ったTWG。
【前編】パークハイアットニセコのパークスイート with 1ベッドキング_e0401509_11244006.jpg




フレイバー自体はイングリッシュB・カモミール・ジャスミン・煎茶とオーソドックス。
【前編】パークハイアットニセコのパークスイート with 1ベッドキング_e0401509_10251427.jpg



家庭用並みで、冷凍室もある大きな冷蔵庫もありましたが…写真撮り忘れ。
中身はレジデンス編で見てください^^
【前編】パークハイアットニセコのパークスイート with 1ベッドキング_e0401509_10264507.jpg



引出しの中にはスナックや…
【前編】パークハイアットニセコのパークスイート with 1ベッドキング_e0401509_10233755.jpg



食器類、アジアのパークHではなかなか置いていないワイングラスもあります。
【前編】パークハイアットニセコのパークスイート with 1ベッドキング_e0401509_10233736.jpg



バーの反対側には、2つのサブ・クローゼット。
【前編】パークハイアットニセコのパークスイート with 1ベッドキング_e0401509_10191512.jpg


バスルームといい、このレイアウトを見るに2人以上の利用を想定している感じですね。
【前編】パークハイアットニセコのパークスイート with 1ベッドキング_e0401509_10284184.jpg


【前編】パークハイアットニセコのパークスイート with 1ベッドキング_e0401509_10284159.jpg



廊下を抜けるとリビング。
【前編】パークハイアットニセコのパークスイート with 1ベッドキング_e0401509_10293187.jpg



幅がありすぎて、ソファとTVの間がガラーンとなっていますが…エキストラベッドを置く為かな…?
【前編】パークハイアットニセコのパークスイート with 1ベッドキング_e0401509_10293113.jpg



カーペットの色や格子のガラス窓、はっきりした色や印影の、ニセコの自然を切り取ったようなフォトアート。
クールでツンと澄ましたようなテイストのパークHにしては装飾的なインテリア。
【前編】パークハイアットニセコのパークスイート with 1ベッドキング_e0401509_10293122.jpg


【前編】パークハイアットニセコのパークスイート with 1ベッドキング_e0401509_10293182.jpg


【前編】パークハイアットニセコのパークスイート with 1ベッドキング_e0401509_10293194.jpg


【前編】パークハイアットニセコのパークスイート with 1ベッドキング_e0401509_10293105.jpg



テーブルは、レザーのベンチと丸テーブルの組み合わせ。
コロナ対策や、各施設の営業時間などの説明書が並びます。
これは以前から分かっていた事ですが・・・この形状なので、リビングで飲食出来ないです。
【前編】パークハイアットニセコのパークスイート with 1ベッドキング_e0401509_10293132.jpg



そのリビングから、さらに窓側へ進むとサンルーム的なダイニング。
【前編】パークハイアットニセコのパークスイート with 1ベッドキング_e0401509_10325983.jpg



【前編】パークハイアットニセコのパークスイート with 1ベッドキング_e0401509_10343059.jpg



4人用のソファ・チェアに、大理石風の楕円形で巨大なダイニングテーブル。
ガラスの向こうは、温泉の出る半露天風呂です。
【前編】パークハイアットニセコのパークスイート with 1ベッドキング_e0401509_10343011.jpg



やはりこのレイアウト…スキーシーズンのファミリーやグループの滞在を想定しているのでしょうか?
【前編】パークハイアットニセコのパークスイート with 1ベッドキング_e0401509_10342924.jpg



こちらの壁面にも、BARスタジオお得意の飾り棚。
【前編】パークハイアットニセコのパークスイート with 1ベッドキング_e0401509_10343051.jpg



私はこのシグネチャーデザインが大好き♪
【前編】パークハイアットニセコのパークスイート with 1ベッドキング_e0401509_10342942.jpg



トニー・チーは可動式の棚、BARスタジオは壁に埋め込み。デザイナーによって拘りがありますね〜
昨年1番好きだったホテルインテリアは、ローズウッドプーケット。
デザイナーが同じだけに、似たテイストを感じられて嬉しいです。
【前編】パークハイアットニセコのパークスイート with 1ベッドキング_e0401509_10342912.jpg


テーブルの上には・・・ウェルカムフルーツ・スナックが盛り盛り~♪
【前編】パークハイアットニセコのパークスイート with 1ベッドキング_e0401509_10385968.jpg


えっ!? 凄すぎる、一泊では到底消費出来ないわ。
【前編】パークハイアットニセコのパークスイート with 1ベッドキング_e0401509_10385946.jpg


さくらんぼというチョイスが嬉し過ぎます。この色だとお高い国産よね・・・?
バームクーヘンも大きい。周囲にずっとバターと砂糖の香りを漂わせておりました(笑)
【前編】パークハイアットニセコのパークスイート with 1ベッドキング_e0401509_10385986.jpg


スティックパイに、野菜チップス、フレーバーミックスナッツ。
どれも画像で見るより沢山詰まっていました。ナッツはオーナーが中華系のせいか、五香粉っぽい香りが・・・(苦手)
野菜チップスが美味しく、残りはお持ち帰りしました。
【前編】パークハイアットニセコのパークスイート with 1ベッドキング_e0401509_10385948.jpg
実は夕方レジデンスに部屋替えなので、このお部屋に居る間は手を付けなかったんです。
あちらはレジデンス、同じアメニティが用意されているのか? これらも移動なのか?
もしくは無いのか・・・今食べようか、食べなかったら捨てられるのか? もう悩みまくり(ああ貧乏性・・・)。


お部屋からの眺めはです。羊蹄山ビューですが、生憎の雲の中・・・
【前編】パークハイアットニセコのパークスイート with 1ベッドキング_e0401509_10492096.jpg


位置的には、2つあるホテル棟の中央側でしたので・・・
【前編】パークハイアットニセコのパークスイート with 1ベッドキング_e0401509_10501757.jpg



左側にはもうひとつのホテル棟が見えます。
【前編】パークハイアットニセコのパークスイート with 1ベッドキング_e0401509_10492053.jpg
あちらの端は、このお部屋より1ランク高いパークデラックス。2面採光の角部屋です。
料金は税込みで4000円程度しか変わりませんし、レイアウトは同じ。
ただ、おそらく5・6部屋しか無いので繁忙期はUGプランでのリクエストは厳しそう。
最初からこちらを予約した方が確実ですね。


右側はレジデンス棟、あちらの方が建物も地上階の標高も高いです。
【前編】パークハイアットニセコのパークスイート with 1ベッドキング_e0401509_10492010.jpg
しかし、こちら側が眺めが良い方向として料金高めに設定されていますが・・・
雪で覆われる冬季は幻想的でしょうが、夏季は地面剥き出しで工事中みたいな雰囲気。

今日みたいに羊蹄山も見えなければ、反対側でも別にいいかな~という感想でした。
ちなみにこちらは南東向きなので午前中は眩しく、反対側の客室は午後から同様でしょう。

後半に続きます^^





.


Commented by たにとも at 2020-08-06 06:57 x
うわーっ。リビングの大窓、そしてそこからの眺め、大きなソファーに寝そべって
一日中窓の外を見ていたい。この景色、私にドンピシャ!
インテリアもやはり高級感ありますね。私も予定通り訪れていたら
「そうそう!そうそう!」となっていたのでしょうが、
冷静に考えたらスイートに泊まる予定では無かったので(^-^;)
やはり、いつも通り羨望の眼差し。

夕方にお部屋を変わられて、二倍楽しめた。となられたのでは?
Commented by hoteloge at 2020-08-06 09:36
> たにともさん

スタンダードルームの、窓側ベッドルームにも大きなベンチソファがありますし
ビューバスだし広さと高級感は十分だと思います^^
私は1泊だけでしたので、スイートを選んでみました~
窓からの景色も、臨場感を感じていただき嬉しいです♪
リベンジの際の参考になれば幸いです!

二倍楽しめましたが、撮影で二倍疲れました(笑)
あれもこれも撮影、その後体験と思うと気持ちに余裕が生まれなくて…
こうやってブログにアップして、皆様に楽しんでいただくと
あの時頑張って良かったなと思うんですが~^^
Commented by たにとも at 2020-08-14 07:34 x
寝ても覚めてもこちらのホテルを考えてしまい(笑)
飛行機、レンタカー、そしてホテルを一気に昨日予約しちゃいました!
81平米のスイートマウンテンビューツインルームを。
二泊して、部屋に籠もります。羊蹄山見ながらワイン飲んでマッタリと過ごしたい。と考えています。
再来週、行って参ります(^^)
Commented by hoteloge at 2020-08-14 12:26
> たにともさん
あら…その気にさせてしまいすみません(笑)
しかも一気にご予約、キャンセルされた前回の経験があるからこそですね!
以前パークデラックス、現スイートマウンテンビューは最初狙っていたお部屋で気になります♪
酷暑はまだまだ続きそうですが、ニセコは多分涼しくて快適そうです。
大きな窓のあるリビングから、羊蹄山を見ながらまったり良いですね〜
楽しんで来て下さい、私のレポートが少しでも快適なご滞在の参考になれば幸いです^ ^
by hoteloge | 2020-08-03 09:00 | 2020年7月 北海道 | Comments(4)

高級ホテル・リーズナブルでも楽しそうなホテルの宿泊記が中心のブログです。


by hoteloG.