人気ブログランキング | 話題のタグを見る

W大阪の スペクタキュラールーム



今回予約したのは、『スペクタキュラールーム(42㎡)』
W大阪の スペクタキュラールーム_e0401509_13295397.jpg

マリオットのポイント購入40%増量の時に、
特典宿泊に必要な5万ポイントを購入しましたが、予定日がオフピークの4万ポイントに変更…

さらに、追加料金でお部屋をアップグレード出来るようになっていたので、
約3.8万+1.1万の計4.9万で予約出来ました。
有償レートだと、この日は7万近かったのでまあまあお得に宿泊出来たのではと思います。


スペクタキュラールームは角部屋、基本各フロアに3室あります・・・が、
こちらは高層階の為、西側はスイートになっていますね。
私は各フロア1室のみの、御堂筋側をリクエストしていましたが応えて下さいました。
W大阪の スペクタキュラールーム_e0401509_13305734.jpg


廊下を通り抜けるとベッドルーム。
W大阪の スペクタキュラールーム_e0401509_13295437.jpg


W大阪の スペクタキュラールーム_e0401509_13295441.jpg


テレビやミニバーの家具はありますが、全面窓の二面採光は開放感があり特別感があります。
W大阪の スペクタキュラールーム_e0401509_13333089.jpg


窓枠も細くガラス面ギリギリまでフローリングなので、窓際に立つと怖いぐらいの浮遊感。
W大阪の スペクタキュラールーム_e0401509_13333076.jpg


部屋向きと共にリクエストしていた高層階。(スペクタキュラーは6-27階)
こちらも21階をご用意いただいておりました、ありがとうございます♪
W大阪の スペクタキュラールーム_e0401509_13343408.jpg

ポイント宿泊の、コージールームは低層階。
周囲は10数階のビルに囲まれており、眺望は望めそうになく泊まる前からテンション低めでしたが…
こちらのお部屋だと眺望は大満足です^^

北東側に位置し、1番見応えのある北側(梅田側)は、各フロア3室しかありません。
W大阪の スペクタキュラールーム_e0401509_13343577.jpg


W大阪の スペクタキュラールーム_e0401509_13343565.jpg


東側はこの眺めです。
W大阪の スペクタキュラールーム_e0401509_13343579.jpg


心斎橋近くまで南下すると、南側は高層ビルも少ないので…私は北東側の眺めが好きですね。
W大阪の スペクタキュラールーム_e0401509_13343484.jpg

といいつつ、42㎡でビューバス、バスルームと完全セパレートというレイアウトなので
ベッドルームはLux系にしては手狭な印象もありますが、
二面採光で気にならない程の魅力があります。

ちなみに、遮光カーテンとシアースクリーンは電動です。
W大阪の スペクタキュラールーム_e0401509_13364515.jpg


インテリアは、Wブランドとしては相当シンプル。
おそらくアジア地区で一番シンプルというか、Wらしくないかも…?
早めに出店している、アメリカのWのような落ちつきに似ているかもしれません。
W大阪の スペクタキュラールーム_e0401509_13383147.jpg


白い塗装仕上げの壁には、和傘を模したオブジェのみ。
W大阪の スペクタキュラールーム_e0401509_13295314.jpg


ベッドサイドのランプも、モノトーンでマットな仕上がりです。
W大阪の スペクタキュラールーム_e0401509_13392264.jpg


Tivoliオーディオをお風呂に持ち込もうとすると・・・充電タイプじゃないらしく電源が付かない。
W大阪の スペクタキュラールーム_e0401509_13391739.jpg


壁沿いのソファは、客室の面積にしては大きめ。Wらしからぬブラウンレザー(合皮ぽいけど)。
背もたれのクッションが固定されておらず、しょっちゅう滑り落ちます…
W大阪の スペクタキュラールーム_e0401509_13414656.jpg


ガラスのテーブル天板は、角度によって色が変わる加工が施されておりアーティスティック。
この広さ、レイアウトでもしっかりとリビングスペースが確保されていました。
W大阪の スペクタキュラールーム_e0401509_13415659.jpg


TVモニターは、ホテル案内冊子代わりのインフォメーションやルームサービスメニューの表示だけでなく、
YouTubeやNetfrixも見る事が出来ます。
W大阪の スペクタキュラールーム_e0401509_13373705.jpg


テレビの下には、ロビーにも並んでいたこけしが。
W大阪の スペクタキュラールーム_e0401509_13441581.jpg


ミニバーは窓の前に、どの部屋でもバーカウンターのような演出です。
W大阪の スペクタキュラールーム_e0401509_13444979.jpg



W大阪の スペクタキュラールーム_e0401509_17574252.jpg


お酒は引き出しでは無く天板のトレーに。お酒やカクテルをご自由に作れます♪
なホテルが増えましたが、気のむくままに作ったら幾ら取られるのか? そして、実際作る人はいるのか…?
W大阪の スペクタキュラールーム_e0401509_13441558.jpg


グラスやティーセットは全て棚や天板の上に。
ガラスやマグのオーロラ加工が、インテリアのアクセントになっています。
W大阪の スペクタキュラールーム_e0401509_13441545.jpg

無料のお水は2本。環境に配慮は理解出来ますが、ガラス瓶で350mlは少ないし使いづらい。
案の定友達とお茶していたらすぐに無くなりました。

夕方、ターンダウン時に補充をお願いすると『お水の追加は有料になります』との事。
ほえぇ〜!? 1泊5万以上するホテルが、水に追加料金取るんですか? 
1泊の滞在で足りる訳ないじゃん…マリオットは、一般・非会員に不意打ちで牙を剥くのでやだわー。
友達が気を利かせて外に買いに行って来てくれましが、
2Lペットを抱えてロビーを通るのが恥ずかしかったとの事、ごめんね。

ちなみにこちらのホテル、プール利用もスイートや上級会員以外は有料で約6000円。
あーた、1泊5万超えるホテルがどうゆうことよ!?
これだからジャパンの高級ホテルってやだわ~世界中どこを見ても
Lux系でプールだけ別料金とか聞いた事が無いもの。

昨年までの私なら、ブロガーとしてレポしない訳には・・・と有料でも入っていたはず。
しかし小一時間水に浸かる為だけにそのお値段は・・・もうレポートも沢山アップされているし。
という事で、お部屋のアップグレードや美味しい食事に予算を回す事にしました。


ミニバーのカウンターにある引き出しの中は、お菓子やティーバッグ、コーヒーカプセル。
Wらしいカラフルな演出がかわいいですよね^^ お菓子も厳選されている印象です。
W大阪の スペクタキュラールーム_e0401509_13441520.jpg


お茶はLA発のブランド、ART OF TEA。
昨年宿泊した福岡の、ザ・ベーシックスのラウンジでも採用されていましが、ココナッツクリームは初対面。
W大阪の スペクタキュラールーム_e0401509_13441591.jpg

これは気に入りました〜お茶やバスソルト、トイレタリーは追加可らしく、
ターンダウン時には2つも補充していただいてました♪ なぜ、より単価が低そうな水だけダメなんだろう…


冷蔵庫は引き出し式。
W大阪の スペクタキュラールーム_e0401509_13441925.jpg


Wオリジナルボトルのジュースも。
W大阪の スペクタキュラールーム_e0401509_13442470.jpg


廊下に向かいます。片側にクローゼットとトイレ、片側にバスルームです。
壁一面の木目仕上げは、Wらしからぬ落ち着き。
バスルームには障子風の引戸がありますが、コージー・ワンダフルに比べ
このレイアウトではそんなに存在感がありません。
W大阪の スペクタキュラールーム_e0401509_13493468.jpg


クローゼットは変わった造りで、奥行きが無いながらもウォークインタイプ。
W大阪の スペクタキュラールーム_e0401509_13493467.jpg


大阪の街が、レトロゲームの画面のように描かれた壁紙が強烈です。
やっとWらしい部分が見えたという感じですね〜
W大阪の スペクタキュラールーム_e0401509_13493450.jpg


W大阪の スペクタキュラールーム_e0401509_13493321.jpg


廊下と並行では無く、垂直にハンガーがあるので幅は狭め。
例えるなら、廊下沿いのクローゼットを縦方向に使っている感じ。
W大阪の スペクタキュラールーム_e0401509_13493382.jpg
厚手のバスローブは珍しいブラックカラー。
ラゲッジボードも、機内持ち込みサイズのスーツケースしか広げられない幅です。


引き出しは上段にセーフティボックス、下段に浴衣。
W大阪の スペクタキュラールーム_e0401509_13493366.jpg


反対側の棚にはアイロンやブラシ、スリッパなど。
W大阪の スペクタキュラールーム_e0401509_13493476.jpg
正直なところ、クローゼットは少し使い辛かったです。
廊下沿いにスライドドア式の、ノーマルなタイプの方が良いかな〜



最後にバスルームです。
W大阪の スペクタキュラールーム_e0401509_13523273.jpg


W大阪の スペクタキュラールーム_e0401509_13534055.jpg


高層階なので、開放感抜群のビューバス!
バスタブに長時間浸かる事もなくなりましたが、やはりレイアウト的に楽しいし特別感がありますよね♪
W大阪の スペクタキュラールーム_e0401509_13523884.jpg


バスタブも大きめ、マットな質感でフォルムもお洒落。
ボディタオルとラベンダー・ユーカリの香りのバスソルト。バスソルトは補充可能です。
W大阪の スペクタキュラールーム_e0401509_13523824.jpg


水栓が細い分、お湯が溜まるのは時間がかかります。シャワーとの切り替えが分かりづらかったです。
W大阪の スペクタキュラールーム_e0401509_13523740.jpg


洗面台は真っ白の楕円形、天然石や天然木は使用しておらず、フォルムで勝負といった感じ。
W大阪の スペクタキュラールーム_e0401509_13533972.jpg


お湯との切り替えが謎だったハンドル。洗面ボウルも小さめです。
壁はグレーの大理石…に見えて、大理石風のタイルかもしれません。
W大阪の スペクタキュラールーム_e0401509_13534078.jpg


石鹸、洗顔料、ボディクリームは『skin regimen(スキンレギメン)』初お目見えのブランドです。
バスルームは、アメニティもモノトーンで統一されてクールな仕上がりですね。
Wというより、やはりメリディアンやオートグラフっぽい感じ。
W大阪の スペクタキュラールーム_e0401509_13533961.jpg


しかし引き出しを開けるとWでした(笑)ネオンカラーのアクリル使いが特徴ですよね。
アメニティのパッケージもお洒落。もう片方の引き出しにはドライヤー。
W大阪の スペクタキュラールーム_e0401509_13533965.jpg


洗面台の向かいにはシャワーブース。広さも十分、間接照明や腰掛けもありムードも◎です。
W大阪の スペクタキュラールーム_e0401509_13534645.jpg


トイレタリーは、イタリアのブランドDavines。こちらも初お目見えです。
今までのBlissのレモンセージ、いい加減ブランドか香りを変えればと思っていたのでこれは嬉しい。
Blissも、最初の頃は感動してウキウキしながら使っていましたが〜
W大阪の スペクタキュラールーム_e0401509_13534624.jpg
新しいトイレタリーの香りは控えめ。ハーブや果物ベースらしいですが、
なんと表現したら良いのか…シリコンみたいな香り?(笑)



客室の入口横に、個室タイプのトイレです。
W大阪の スペクタキュラールーム_e0401509_13534626.jpg

広さはLuxホテルとしてはそこまででは無いものの、レイアウトは楽しいし眺めは良いし、
意外に機能的で、こちらの客室タイプを選んで良かったです。機会があれば是非リピートしたいです♪
が、今のところリッツやStレジスより高いってどうなのよ~!? と言いたいですね。

※Wホテルがラグジュアリーホテル!? と思われる方もいらっしゃるでしょうが(私もそのタイプw)
マリオットではリッツやレジス・エディションとランク的には同カテゴリーです。






.

Commented by tz at 2021-07-07 00:01 x
こんばんは。W大阪レポート楽しませてもらってます!
やはり21階だとけっこう見渡せますね。御堂筋や梅田も見える北東角の選択は正解だと思います。
バスルームも素敵ですね。窓が大きくて明るくて開放感があって。やはりビューバスだと特別感があるしシャワーブースの間接照明もムードがありますね。夜景のレポートも楽しみにしてます。
Commented by hoteloge at 2021-07-07 01:56
> tzさん

こんばんは、Wは超高層の建物では無いので眺めは期待していませんでしたが、
程よく臨場感がある眺めで良かったです。
1番見応えがある北東側のコーナールームというのも正解でしたね♪
部屋向きについては沢山調べた甲斐がありました。
バスルームも全面窓で、本当に角部屋の良さを最大限生かしているという感じ。
シャワーブースは私も気に入りました〜画像より広くて良いムードでしたよ!
こちらの滞在の魅力は、半分以上が高層階+角部屋だったかなと思います。

窓からの夜景も圧巻でしたが…動画と友達とのおしゃべりに夢中で
なんと撮影し忘れておりました。動画でその様子をお楽しみ下さい^ ^
by hoteloge | 2021-07-06 09:00 | 2021年7月 大阪 | Comments(2)

高級ホテル・リーズナブルでも楽しそうなホテルの宿泊記が中心のブログです。


by hoteloG.